宮城県仙台市泉区・地下鉄泉中央駅徒歩4分の「あやめ法律事務所」では、2名の弁護士が、借金・離婚・不倫・相続・交通事故等の無料法律相談を実施しています。

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目23-4 ノースファンシービル5階
仙台市営地下鉄泉中央駅から徒歩4分

<お電話での相談受付時間>
平日 午前9時30分~午後0時20分
午後1時20分から午後5時15分まで
メールでは24時間受付
 

お気軽にご相談ください!

022-779-5431

メールayame-law@mountain.ocn.ne.jp

権力分立って何だろう?

高校生、中学生向けに法についてわかりやすくお話しした本です。

権力分立~権力の濫用を防ぐためのシステム

権力分立、三権分立という言葉は、君も知っているだろう。小学校のときにも習う有名な言葉だね。

国会、内閣、裁判所と三角形の図を思い浮かべる人もいるだろう。

 

権力分立って何だろう?何のために権力を分けているのだろう? 

 

権力というのは、放っておけば、拡大して、強くなっていく。そうすれば、結果として、恣意的な行使を行うようになり、人々の自由や財産、そして生命が奪われてしまうことになってしまう。

 

そこで、システムとして、権力の濫用・恣意的な行使をふせぐこと、権力をしっかりコントールできることが必要だ。

そのために、国民は憲法を定め、国家を縛ることにした。その目的は、国民の基本的人権を守るため、特に少数者の人権を守るためだった。これが「立憲主義」だ。

権力の濫用を防ぐために、もう一つ重要な憲法上のシステムがある。

それが権力自体を分けるという権力分立だ。

 

 「権力分立」とは、国家権力を複数の機関に分けて、それらの機関を相互に抑制と均衡をとらせて、権力が一人の人(王様等)や一つの機関に集中しないようにして、権力の濫用・恣意的な行使を防ごうとする政治システムのことだ。

 その究極の目的は、国民の自由を護ることにある。権力の濫用によって、国民の自由が奪われることになるからだ。

 

権力集中→権力濫用→国民の自由侵害

こういったことが、歴史上、繰り返されていた。

強い権力は、濫用を生み、そして国民の自由が侵害された。

国民の自由が侵害されている、あまり保障されていない国を思い浮かべてごらん。

きっと、強い権力をもっていることだろう。

 

そこで、国民の自由侵害を防ぐために、権力自体を分けて、相互にチェックさせることにした。

 

権力分立の典型が、国家機関を「立法権」「行政権」「司法権」といった三権に分ける「三権分立」だ。

権力分立の考え方は、王の権限が強く、王が好き勝手にやっていたことに対して、王の権力を制限しようということを出発点にしている。

最初に権力分立を唱えたのは、イギリスのロックだ。

ロックは、立法権と行政権の二権の分立を唱え、立法権が行政権に優位に立つことを主張した。司法権の分離はでてきていない。

 このロックの考え方を発展して「三権分立」の基礎となる考え方を提唱したのが、フランスのモンテスキューだ。

モンテスキューは「法の精神」の中で「すべて権力をもつ物はそれを濫用しがちである。彼は極限までその権力を用いる。権力の濫用をなしえぬようにするためには、権力が権力を抑制するよう事物を按配することが必要である」と述べた。そしてモンテスキューは、権力を抑制するしくみとして、「立法権」「行政権」、「司法権」にわけるとした。

モンテスキューの考え方を具現化したのが、フランスやアメリカだ。

1789年のフランス人権宣言は「権利の保障が確保されず、権力の分立が定められていない社会は、憲法を有しない」とされている。それほどまでに、「権力を分ける」ということが大事なことなのだ。

 

権力を一つにしておくと強大になるので、権力それ自体をわける。さらに、分けた権力をそれぞれチェックさせる

日本国憲法も権力をわけ、そして相互に抑制と均衡を図るというシステム、三権分立を採用している。

その目的は、国民の自由を保障することにあるんだ。

 

法律相談のご予約

お気軽にご相談ください。

お電話でのご予約はこちら

022-779-5431

相談受付時間:平日 午前9時30分~午後0時20分、午後1時20分~午後5時15分まで

メールでの受付は、24時間行っております(折り返しのご連絡は、基本的に上記受付時間となります)。

※法テラスの震災特例相談や扶助相談が利用できる方は、そちらをご利用していただく形になります。

※お電話やメールでの相談は実施しておりませんので、ご了承ください。

※取扱い地域

仙台市、富谷市、大和町、利府町、大崎市その他宮城県全域

無料法律相談のご予約

<相談受付時間>
平日 午前9時30分~午後5時15分まで (早朝や夕方以降、土曜日の相談も事前にご予約いただく形で受け付けております)

コラム

事務所概要

代表弁護士神坪浩喜
あやめ法律事務所

022-779-5431

022-779-5432

ayame-law@mountain.ocn.ne.jp

弁護士:神坪浩喜
弁護士:林屋陽一郎

弁護士プロフィール

住所

〒981-3133 宮城県仙台市
泉区泉中央1丁目23-4
ノースファンシービル5階

仙台市営地下鉄「泉中央駅」から徒歩約4分

事務所概要はこちら