宮城県仙台市泉区・地下鉄泉中央駅徒歩4分の「あやめ法律事務所」では、2名の弁護士が、借金・離婚・不倫・相続・交通事故等の無料法律相談を実施しています。

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目23-4 ノースファンシービル5階
仙台市営地下鉄泉中央駅から徒歩4分

<お電話での相談受付時間>
平日 午前9時30分~午後0時20分
午後1時20分から午後5時15分まで
メールでは24時間受付
 

お気軽にご相談ください!

022-779-5431

メールayame-law@mountain.ocn.ne.jp

人を人として大切にする-個人の尊重

H20.3 026.jpg

平成21年3月5日(木)

 

皆さん、こんにちは。

神坪浩喜です。


3月に入り、ひな祭りも終わりました。
桜のつぼみもふくらみ始めています
春が近づいてきましたね。

さて、皆さん、日本国憲法の条文(全部で103条あります)
の中で、最も核心となる条文は、何条だと思いますか?



六法をお持ちのかたは、少し日本国憲法の条文を眺めて考えてみてくださいね。
 

 

 

9条?



多くの方が、9条をあげるかと思います。

でも、違います。



確かに、日本国憲法の中で一番有名な条文といえば、
平和主義の9条でしょう。

9条は、世界に類のない日本国憲法の個性を示す大切な条文ですが、
憲法の核心の核心は、9条ではありません。


では、何条でしょうか?








答えは、13条、そしてこの条文の中の一文です。




「すべて国民は、個人として尊重される。」




この一言に、憲法の理念が凝縮されています。


「個人の尊重」「個人の尊厳」という言葉は、
皆さんもきっと聞いたことがあるかと思います。


では、「個人の尊重」って、一体どんな意味なのでしょう。

個人として尊重されるってどうしてそんなことを憲法は、
核心として掲げたのでしょうか?


「個人の尊重」というのは、
人を、モノではなく、機械ではなく、
一人の人間として、一人の人格をもった存在として、
尊重する、大切にするということを意味します。



一人ひとりの人間を無条件に大切にするということです。


身分や生まれた地域、性別、信仰にかかわらず、
人として大切にするということです。


「誰が」大切にするということでしょうか?

大切にするという主体、主語は誰なのでしょうか?



会社?

夫?

気にくわない上司?

友人?

隣のうるさい人?



違います。


以前、
「憲法と法律って同じようなもの?」

「憲法が国家を縛る?-立憲主義の話」


でお話しましたが、



憲法は、国家に対して向けられたものでしたよね。


ですから、第一義的には、国家に対して、

「一人ひとりの人間を人として大切にしなよ。」

 

と言っている訳です。



主体は「国家」です。



人は、皆違います。
私と同じ人はいませんし、あなたと同じ人はいません。
あなたは、唯一無二の存在として「代わり」のきかない「かけがえのない」存在です。


あなたのお父さん、お母さんにとって、
あなたは、「かけがえのない子」であり、

あなたが、親ならば、あなたは、
お子さんにとって「かけがえのない親」ですよね。


あなたの「代わり」はいないのです。
そして、あなたと同じように
どんな人も、その人の「代わり」はいないのです。


みんな、かけがえのない人。


国家は、かつて、一人ひとりの人間を人として大切にしないことがありました。

国家のために、国家の利益のために、人を駒のように扱った時代がありました。


国家、当時の権力を持つ者にとって、
好ましくない意見を言う人を、
一人の人間として扱わないことがありました。

そして、国家は、社会秩序や公の名のもとに

ときに一人ひとりを大切にしないということを

しがちな性質があります。 

 


ですから、そんなことがないように


「国家よ、一人ひとりの人間を人として、大切にしなよ。」


と憲法は、国家に命令をしているのです。



「すべて国民は、個人として尊重される」の「すべて」もポイントです。


国家が気に入ったもの、国家に文句を言わないものは、尊重するけれど、
国家に文句を言うようなうるさい奴は、尊重しないといったことはダメだよ
といっている訳です。


すべての人は、「例外なく」一人の人格をもった存在として
国家から尊重される。



それが、憲法の核心です。



皆さんは、学校で習った憲法の三原則って、憶えていますか?





平和主義



基本的人権の尊重



国民主権・民主主義



でしたね。



もちろん、これらは憲法の重要な原理原則なのですが、



その根っこは「個人の尊重」「個人の尊厳」なんですよ!



個人の尊重を確保するために、一人ひとりが、
ひとりの人間として大切にされるために、
ということが、根本中の根本、核心中の核心なのです。


個人の尊厳確保のための
平和主義であり、人権リストであり、民主主義なのです。



今回は、個人の尊重が、憲法の核心であり、
国家にむけられたものであることを押さえてくださいね。



その上でなのですが、


憲法の理念である



「一人ひとりを、かけがえのない大切な存在として大切にする」

というのは、国家ではなく、自分自身に置きかえても大切なことだと
私は思っています。





目の前の人を、一人の人間として大切にする。





多くの人が、それを心がけると温かい社会になりそうですよね!



そうなるといいなあ。




それでは、また。

【出版のお知らせ】

私が、中学生、高校生に向けて法について、語りかけるように書いた「18歳までに知っておきたい法のはなし」(みらいパブリッシング)が、好評発売中です。

中学生・高校生がスラスラと読めて、法について楽しく学べるように書きました。これから法を学ぶ大学生の入門書にもいいと思います。

ぜひ、読んでみてください。合格祝い、卒業祝い、入学祝いやこれから一人暮らしをはじめるお子さんへのプレゼントにもいいとおもいます。

Amazonのページはこちら

楽天ブックスのページはこちら

仙台市泉区泉中央の弁護士2名(弁護士神坪浩喜 弁護士林屋陽一郎)の法律事務所です。借金相談(債務整理・自己破産・個人再生・過払金返還請求)、離婚相談、相続相談、交通事故相談等の無料法律相談を実施しています。お困りの方は、
「あやめ法律事務所」へ法律相談をお申込みください。誠実な対応を心がけております。

法律相談のご予約

お気軽にご相談ください。

お電話でのご予約はこちら

022-779-5431

相談受付時間:平日 午前9時30分~午後0時20分、午後1時20分~午後5時15分まで

メールでの受付は、24時間行っております(折り返しのご連絡は、基本的に上記受付時間となります)。

※法テラスの震災特例相談や扶助相談が利用できる方は、そちらをご利用していただく形になります。

※お電話やメールでの相談は実施しておりませんので、ご了承ください。

※取扱い地域

仙台市、富谷市、大和町、利府町、大崎市その他宮城県全域

無料法律相談のご予約

<相談受付時間>
平日 午前9時30分~午後5時15分まで 

コラム

事務所概要

代表弁護士神坪浩喜
あやめ法律事務所

022-779-5431

022-779-5432

ayame-law@mountain.ocn.ne.jp

弁護士:神坪浩喜
弁護士:林屋陽一郎

弁護士プロフィール

住所

〒981-3133 宮城県仙台市
泉区泉中央1丁目23-4
ノースファンシービル5階

仙台市営地下鉄「泉中央駅」から徒歩約4分

事務所概要はこちら